自動的にジャンプしないときはこちらをクリックしてください

 

本サイト内のページのご紹介「ようこそ」「ゆるいポリシー」「治療」「治療PLDD」「治療DRX」「治療dPLDD」「問い合わせ」「交通アクセス」「PLDD手術ビデオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本地川医院は腰椎椎間板ヘルニアの治療に専念するちょっと風変わりな医院です。当院では腰椎の椎間板ヘルニアに対するレーザー治療( PLDD )を行ってますが、レーザー治療( PLDD )の有効性を事前に検証する目的で減圧牽引装置を導入しました。レーザー治療( PLDD )では椎間板の髄核を蒸散、減量することで椎間板 ヘルニアの減圧を図りますが、これと同じ状況を本装置で予めつくりだし、その状況で実際に腰痛やしびれなどの症状が軽減することを確認したうえでレーザー治療( PLDD )を実施しております。導入から半年を経ましたが本装置の 椎間板ヘルニアに対する効果は当初の予想を大きく上回るもので、レーザー手術( PLDD )を希望して来院された方の中に、本装置による減圧牽引のみで 腰痛やしびれなど椎間板ヘルニアの症状が軽快、解消するケースが多々見られ、本来の意味でレーザー治療( PLDD )の必要な 椎間板ヘルニアの症例だけにレーザー手術( PLDD )を実施する と同時にレーザー治療( PLDD )が有効な椎間板ヘルニアだけにレーザー治療( PLDD )を実施するという本来あるべき治療の流れを実現するための重要な方法 と位置づけております。もともと身体への負担が少ない(低侵襲)レーザー手術( PLDD )ですが、局所麻酔 や穿刺という外科的な手段は不可欠なものです。これに対し減圧牽引はメスはもちろん(注射)針すら使いません(無侵襲)。 いわば「切らない」治療から「刺すことすらない」治療への進化です。とはいっても「全身をリラックスさせて何となくよくなったかも」などという、どことなく神秘的で曖昧な手法でもありません。 腰痛やしびれなどの原因になっていると思われる椎間板を集中的に減圧し永続的な(腰痛やしびれなどの)症状改善も期待できます。しかも「無痛」といっても過言ではなく、ただ「寝転んでいるだけで何でこんなに!?」という感想もよくいただきます。 全米では1200台以上の導入実績の本装置も国内ではわずか5施設への導入 のみと聞いておりますが、大阪はもとより西日本でも当院が唯一の導入施設です。椎間板ヘルニアによる腰痛、下肢痛あるいはしびれでお悩みの方、是非一度大阪市北区(扇町)の本地川医院に御相談ください。